2014年12月12日

新しい趣味?

「真珠の耳飾りの少女」の絵をテレビで見て、
なぜか知らないけど衝撃を受けた。
うまく説明できないけど、ビビッときたというか・・・
昔から絵がヘタで、絵がうまく書けるようになる本とか買ってたけど、
ちょっとやってみてそれっきり。
でも、黒い背景に描かれたその少女を見て、
急に西洋の美術に興味が沸いた。

12-12.jpg

買ってしまいましたw

ルネサンス時代の宗教画も綺麗だけど、
カンディンスキーがインスピを刺激するね。
音楽でいうと、プログレとかフュージョンに近い印象。
絵見ただけで頭に音楽が浮かぶなぁ〜。

昔は人物を描写した作品が多かったけど、
時代の流れとともに風景画とかが好まれるようになったってことかな?
フランス印象派の音楽も風景が浮かぶような感じだもんなぁ。
絵心ないけど、鑑賞するのは楽しいかも。
歌聴くよりインストが好きだから、
頭でイメージするのが好きなんだろうな。
そのうち美術館とか行ってみよ〜。


本と一緒にブルックナーの交響曲7番のCDを買ったで。
ブルックナーってつい最近までコーヒーかと思ってた。
交響曲専門の作家だったのね〜。
ハイドンとかマーラー系だ。
ロマン派のシンフォニーはあんまり聴かないから楽しみ。
posted by くまでらひとし at 21:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

雰囲気系

雰囲気系のピアノソロの試作品。
「In despair」

インテンポのベタベタな打ち込みで、
人間的な表現付けはなされてません。
あくまでもラフです。

1曲通してG#が4分音符で延々と鳴り続けるという
ペダルポイントを活用した曲です。
ショパンでいうと雨だれ的な・・・
右手が2声なのと、そのG#の連打の表現が難しいかも。
あと、前提としてかなり残響のあるホールで弾かないと雰囲気出ない。
録音して後から加工する感じかなー。
エフェクトのかけすぎで最後波打ってますw
ご愛嬌ということで。

あと3曲ぐらいアイデアがあるので、
順次作っていきませう。
posted by くまでらひとし at 00:21| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

星に願いを

ベートーヴェンの交響曲5番と7番が一緒に入ってるCDを買った。
運命の第一楽章は馴染み深いから聴きやすい。
音型の使い方がハーモニーを作る上で参考になりそう。
まだ通して1回しか聴いてないけど、
7番の第二楽章が気に入った。
ピチカートストリングスの上にのっかる
なんともいえない哀愁のあるメロディーがたまらん。
200年前近い音楽なのに、まったく古臭さを感じさせないどころか、
新しい発見の方が多いんだが・・・
聴いてるだけで本当に中世ヨーロッパの風景が頭に広がる。
その時代にしか作れないであろう土壌(?)の中で、
奇跡的に天才音楽家が何人もいたんだもんなぁー。
モーツァルトにしても交響曲が40曲近くあるってだけで驚くんだがw
クラシックは聴けば聴くほどすごい世界だな。。。


某スーパーで、紙でできた星に願いごとが色々書かれていた。
ほとんどが子供によるものだと思うけど、
せっかくなので便乗してみた。
「いつかショパンのエチュードが弾けますように」とw
10-4がカッコよすぎるんや!
20年後に弾ければいいな〜。
posted by くまでらひとし at 00:10| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする